ぱぱまま掲示板

子育ての悩み相談やママ必見のレシピ紹介、日々のちょっとした出来事など、小学生・中学生のお子様を持つパパ・ママが意見交換を行う場です。
みなさまからのご意見・ご感想をお待ちしております。

掲示板に行く
  • 福田貴一先生の福が来るアドバイス※バックナンバーもご覧になれます
  • Q&A
  • 国公立・私立 中学校厳選ガイド

Q&A

合格のためにおすすめしたい勉強法

理科・社会の成績が伸び悩んでいるのだけれど…

算数と国語は、まずまずの成績なのですが、理科と社会があまり理解できていないようです。なんとかして理科と社会の実力をアップさせたいのですが、具体的な学習方法として、どのようなことに注意したらよいのでしょうか。

理科・社会は夏休みに全体的な学習を行って、自分の弱点を把握しておけば、秋以降になって、受験校の過去入試問題の演習をしたあとなどに復習が効果的にでき、そうしたことで得点力がついてきます。

理科・社会の勉強は、国語・算数に比べると、どうしてもスタートが遅れたり、分野によって弱点が残されてしまいがちな特徴があります。
同じようなご質問を複数いただいていることから考えると、夏休み前という時点では、たとえ6年生になっていたとしても、まだ学習していない部分や理解が不足している分野が残っているのが理科・社会かもしれません。
理科・社会も入試科目ですから、きちんと学習しておきたいのですが、知識科目という特性から、分野によってマスターしていないところがあると模擬試験などでは得点しにくいと思います。
そこで、夏休みなど比較的時間が取りやすい時期に、四谷大塚の『四科のまとめ』のような教材を利用することによって、総合的な復習を心がけていくことが得策ではないかと思います。
各自の弱点を中心に、内容をきちんと理解しながら、必須事項は覚えていく必要もありますので、しっかりした教材を定めて、ある程度の時間をかけて復習中心に理科と社会を克服しましょう。
わからなかったところには付せん紙を貼りつけたり、書きだしたりして、秋以降のチェック項目としていきます。
こうして、夏休みに全体的な学習を行っておけば、秋以降になって受験校の過去入試問題を演習したあとなどの復習の際、初めての事項ではないことがわかり、勉強を効果的に進められ、しだいに得点力もついていきます。


これだけは確認しておこう


学校説明会に行ってみよう


ここを教えて!私立中学校のあれこれ


ここを教えて!公立中高一貫校のあれこれ


知っておきたい合格ノウハウ


じょうずな塾の活用法