ぱぱまま掲示板

子育ての悩み相談やママ必見のレシピ紹介、日々のちょっとした出来事など、小学生・中学生のお子様を持つパパ・ママが意見交換を行う場です。
みなさまからのご意見・ご感想をお待ちしております。

掲示板に行く
  • 福田貴一先生の福が来るアドバイス※バックナンバーもご覧になれます
  • Q&A
  • 国公立・私立 中学校厳選ガイド

Q&A

知っておきたい合格ノウハウ

面接での服装はやはり「紺のブレザー」がよいの?

第1志望としている私立中学校では、入試の際に面接試験が課されます。すでに受験を終えたかたにうかがうと、ふだんの服装ではなく、きちんと紺のブレザーを着ていったそうです。学校説明会では、「面接は特別な服装でなくてかまいません」とのお話でしたが、ほんとうのところはどうなのでしょう。

面接を実施している、すべての私立・国立中学校で、「服装は、まったく合否に関係がありません」と明言しています。ごくふつうの服装で面接にのぞんでいただければじゅうぶんです。特別な準備は不要です。

中学入試の面接における服装については、毎年、かなり多くのお問い合わせがあります。男子は紺のブレザー、女子は紺かグレーのスーツ姿といった、いわば「中学受験ルック」が存在するように思われているかたも多いようです。
面接を実施している、すべての私立・国立中学校で、「服装は、まったく合否に関係がありません」と明言しています。
以前から、面接はどのような服装でもかまわないと学校側は説明しているにもかかわらず、ほかの受験生と異なってはマイナスになるだろうとの思惑から、なにか決まった服装が好ましいのだとの固定観念が広まってしまっているのかもしれません。
ただ、午前・筆記試験+午後・面接の場合、午前の試験会場で「自分だけ服装がちがっている」という気後れを起こさせないように、服装を考えることは必要な場合もあるでしょう。とくに、女子はまわりとの服装の差異が気になる場合があるようです。それでも、普段のよそゆきの服装でじゅうぶんです。
面接は、受験生との会話のなかでどのような人物であるかを判断する場であり、また、学校側も、学校の姿勢を理解してもらうために実施しているものです。服装によってなんらかの優劣をつけたりする意図はまったくないのですから、気にする必要はありません。
他人に不快な感情を与えるのでなければ、ごくふつうの服装で面接にのぞんでください。


これだけは確認しておこう


学校説明会に行ってみよう


ここを教えて!私立中学校のあれこれ


ここを教えて!公立中高一貫校のあれこれ


合格のためにおすすめしたい勉強法


じょうずな塾の活用法