ぱぱまま掲示板

子育ての悩み相談やママ必見のレシピ紹介、日々のちょっとした出来事など、小学生・中学生のお子様を持つパパ・ママが意見交換を行う場です。
みなさまからのご意見・ご感想をお待ちしております。

掲示板に行く
  • 福田貴一先生の福が来るアドバイス※バックナンバーもご覧になれます
  • Q&A
  • 国公立・私立 中学校厳選ガイド

Q&A

ここを教えて!私立中学校のあれこれ

中学校でクラブ活動と勉強を両立することはできますか?

身体を動かすことが大好きな男児です。私立中進学の目的も、6年間思いきって運動系のクラブで活動したいということが動機となっています。志望校は文武両道を掲げる進学校ですが、私立中に進んでクラブ活動と勉強の両立は可能なのでしょうか。

クラブ活動に熱中することで、集中力もつき、ものごとを「やり遂げる」という達成感が自信となり、勉強にもプラス効果を発揮できるでしょう。クラブの先輩が学習面でアドバイスしてくれることもあります。

中学・高校生活では、勉強とともにクラブ活動も大きな比重を占める大切なものです。とくに私立中高一貫校では高校受験がないため、中学・高校と継続的にクラブ活動に思いきって打ちこめるメリットがあります。
学校生活での主軸は学習ですので、各校ともクラブ活動と勉強の両立ができるような配慮を施しています。
学校によっては、クラブ活動への参加を奨励しつつも、運動部の練習日を週3日としたり、下校時間を早めに定めるなどの工夫がなされています。
大学入試という観点で見ても、ある進学校の場合、現役での大学合格率が運動部所属生とそうでない生徒を比較したとき、運動部出身者の方が格段によい進学実績であるという例もあります。
クラブ活動に熱中することによって集中力を養い、「やり遂げた」という自負と達成感が、勉強にもおおいにプラスとなっていることが多いのです。
また、同じクラブの先輩たちが、勉強面でもアドバイスをしてくれたり、中学生のうちから高校3年生の先輩たちの大学受験のようすを間近に見られることも、よい刺激となっています。
ですから、私立中高進学後のクラブ活動と勉強の両立については、あまりご心配はいらないと思います。
6年間一貫教育という恵まれた環境のもと、スポーツにも勉強にも、全力で打ちこむことができるという利点をおおいに活かすようにしていきたいものです。


これだけは確認しておこう


学校説明会に行ってみよう


ここを教えて!公立中高一貫校のあれこれ


知っておきたい合格ノウハウ


合格のためにおすすめしたい勉強法


じょうずな塾の活用法