ぱぱまま掲示板

子育ての悩み相談やママ必見のレシピ紹介、日々のちょっとした出来事など、小学生・中学生のお子様を持つパパ・ママが意見交換を行う場です。
みなさまからのご意見・ご感想をお待ちしております。

掲示板に行く
  • 福田貴一先生の福が来るアドバイス※バックナンバーもご覧になれます
  • Q&A
  • 国公立・私立 中学校厳選ガイド

Q&A

知っておきたい合格ノウハウ

「試し受験」をどう考えたらよいのか

神奈川県に住んでいますが、1月中の入試を「試し受験」として受けた方がよいと中学受験を終えたかたからアドバイスを受けました。神奈川といっても千葉県や埼玉県には、かなり距離があります。「試し受験」をどうとらえていくべきなのでしょうか。

実際の入学試験は模擬試験とは明らかに雰囲気がちがったものです。極度の緊張から実力が発揮できないことも考えられ、1月中に本番入試を経験しておくことで試験慣れできることがメリットです。

1月中に入試が行われるのは、千葉県、埼玉県のほか、地方の寮制学校の首都圏入試などがあげられます。これらの1月入試実施校では、実際の募集定員よりもかなり多くの合格者を発表しています。
いわゆる「試し受験」組(合格しても入学手続きをしない受験生)が多いことを学校側が見越しているためです。
こうした「試し受験」として1月中に受験を経験してみようという流れが顕著になってきたのは、実際の入学試験独特の緊張感から、実力が発揮できないこともあるため、試験慣れしておきたいと考えるかたが増えてきたからです。
しかし、「試し受験」にはデメリットもあります。実際の受験を経験することに意味があるのですが、受験生は合否を必要以上に気にしてしまいがちです。1月中の入試で不運にも不合格という結果がでてしまった場合の精神的なケアをし、どう気持ちを切りかえていけるかが課題となります。
さらに、近年の特徴として、千葉、埼玉の私立中学校を受験する層のなかに、「試し受験」ではなく、合格できたなら実際に進学する近隣の受験生も増加してきました。このことは、1月入試における合格者数発表にも微妙に影響をあたえ、難度が向上している学校があります。
寮制学校の首都圏入試を「試し受験」として受験する際にも、それぞれの入試の難易度をしっかり把握して、適切な受験を心がけることが大切といえるでしょ
う。


これだけは確認しておこう


学校説明会に行ってみよう


ここを教えて!私立中学校のあれこれ


ここを教えて!公立中高一貫校のあれこれ


合格のためにおすすめしたい勉強法


じょうずな塾の活用法