ぱぱまま掲示板

子育ての悩み相談やママ必見のレシピ紹介、日々のちょっとした出来事など、小学生・中学生のお子様を持つパパ・ママが意見交換を行う場です。
みなさまからのご意見・ご感想をお待ちしております。

掲示板に行く
  • 福田貴一先生の福が来るアドバイス※バックナンバーもご覧になれます
  • Q&A
  • 国公立・私立 中学校厳選ガイド

Q&A

ここを教えて!私立中学校のあれこれ

受験学年になってかかる費用はどのくらい必要ですか

現在小学校4年生です。いまは、進学塾の費用だけを考えていればよい段階ですが、受験学年になり、実際に受験となるといったい費用はどれくらいかかるのでしょうか。いまから資金のめどを立てて準備しておきたいと思います。

受験学年は通塾日数・塾の授業時間数も増えますので費用も5年生までよりは多く必要になります。夏休み、冬休みの講習費や模擬試験費用などもあり、おおまかにみて、年間100万円内外は必要になるでしょう。

塾によってもちがいますので一概にはいえませんが、進学塾の費用だけで、夏期講習や冬期講習、さらに入試直前講習など、また模擬試験も年に6回以上は受験するようになります。これらを合わせて年間100万円内外は必要となるといわれています。
これらのほか、学校説明会や見学会をまわる交通費、学習参考書、各種書籍代金なども間接費用として考えておかれた方がよいでしょう。
そして、入学試験を受けるとなると、まず受験料が必要です。学校ごとのちがいはありますが、およそ2万円~2万5000円が必要ですから、受験料×受験する学校数(受験機会数)が出願時に要する費用となります。
さて、首尾よく合格すると払いこむのが入学金です。合格発表日から2~3日、もしくは1週間以内のうちに入学手続きとともに入学金を納めることで、入学者として確定されることになります。入学金は、およそ15~30万円程度です。
併願校にも合格し、第1志望校の合格発表が間に合わずに合格権を確保するために納めた入学金は、返金されないこともあります。
実際に入学する学校には、この入学金のほかに、施設費、その他の費用が必要です。総称して学納金と呼ばれていますが、入学金、施設関連費用、諸会費、授業料(全額・半期・四半期分)などで、学校により幅はありますが、平均すれば50~60万円ほどです。


これだけは確認しておこう


学校説明会に行ってみよう


ここを教えて!公立中高一貫校のあれこれ


知っておきたい合格ノウハウ


合格のためにおすすめしたい勉強法


じょうずな塾の活用法