ぱぱまま掲示板

子育ての悩み相談やママ必見のレシピ紹介、日々のちょっとした出来事など、小学生・中学生のお子様を持つパパ・ママが意見交換を行う場です。
みなさまからのご意見・ご感想をお待ちしております。

掲示板に行く
  • 福田貴一先生の福が来るアドバイス※バックナンバーもご覧になれます
  • Q&A
  • 国公立・私立 中学校厳選ガイド

Q&A

知っておきたい合格ノウハウ

同一校に複数回の出願は合格しやすくなるのか?

受験を考えている学校は、合計4回の入試が行われています。複数回出願しておいた方が合格には有利だという話も耳にしますが、ほんとうでしょうか。

複数回受験した受験生を選考の際に優遇する学校もあります。そうした優遇措置を取る場合には、事前に公表しています。一般的には、出願回数での有利・不利はなく、そのつど合否判断がなされます。

国立大附属中や難関上位私立中では入試が1回のみの学校が多いのですが、それ以外の学校では、2回以上の入試を行うことが多くなってきています。
第1志望ならば、2回、3回と願書をだし、合格するまで何度でもチャレンジしていくケースもでてきます。最近では、午前に加え、午後に入試を実施する学校も増えていますので、さらに入試機会は増加してきています。
複数回受験した受験生を選考の際に優遇する学校も確かにあります。そうした優遇措置を取る場合には、事前に公表していますので、学校説明会での説明を注意して聞きましょう。
ただ、優遇措置といっても、圧倒的に有利になるというものではなく、繰りあげ合格のライン近くの得点であったときに、優先的に繰りあげ合格者となるという程度のことが多いようです。どの程度の優遇かを確認しておきましょう。
優遇措置が公表されていない場合には、たとえ何回の出願であっても、合否判断は、そのつどの得点で判断され、出願回数による有利・不利はありません。それは、中学入試においては、公平な選考が重視され、得点以外の要素で不利になるようなことは避けたいとする学校側の考えを反映しているともいえます。
同じ学校の入試を連続的に受験していると、しだいに問題や傾向に慣れ、2回目、3回目と得点が向上して、合格圏内に入っていくという事例も少なくありません。


これだけは確認しておこう


学校説明会に行ってみよう


ここを教えて!私立中学校のあれこれ


ここを教えて!公立中高一貫校のあれこれ


合格のためにおすすめしたい勉強法


じょうずな塾の活用法