ぱぱまま掲示板

子育ての悩み相談やママ必見のレシピ紹介、日々のちょっとした出来事など、小学生・中学生のお子様を持つパパ・ママが意見交換を行う場です。
みなさまからのご意見・ご感想をお待ちしております。

掲示板に行く
  • 福田貴一先生の福が来るアドバイス※バックナンバーもご覧になれます
  • Q&A
  • 国公立・私立 中学校厳選ガイド

Q&A

ここを教えて!私立中学校のあれこれ

私立学校には宗教系の学校があるけれど、その内容は?

私立学校のなかには、その設立基盤として宗教的な背景を有する学校が多いようですが、学校生活のようすや教育内容等はどのようになっているのでしょうか。

宗教系といわれる学校は、キリスト教系のカトリック校とプロテスタント校、仏教系、その他の宗教系などに大別できます。これらの学校は、宗教的な理念を背景に「人間を育てる教育」を柱としています。

私立学校の多くに、宗教を基盤として成り立ち、宗教的な理念を教育の柱としている学校があります。公立学校にはない私学の特徴のひとつといえます。
宗教を基盤としてはいるのですが、特定の信者だけを対象にした教育を実施するものではなく、すべての受験生に平等に門戸が開かれています。また、入学後においても、特定の宗教への帰依をすすめられたり強要されることはありません。
そうした宗教系の学校を大別すると、キリスト教を背景としたカトリック校とプロテスタント校、仏教系の学校、その他の宗教系の学校となります。これらのすべての学校が、人間教育に力を入れています。宗教を背景に持つことから、しつけや規律を重んじ、豊かな人間性を育む教育をめざしています。
たとえば、カトリック校では自らを律することとして学習をとらえ、勉強も自分をきたえる手段として大学進学指導にも熱が入っています。結果的に進学校となっている例も多くあります。プロテスタント校では、比較的自由な雰囲気の校風であることが多く、自主性を重んじた教育が特徴となっています。
聖書に関する学習もしっかりと行っています。
仏教や他の宗教系の学校では、キリスト教系の学校ほど、宗教を背景とした行事は多くないのが一般的ですが、信仰心や宗教の寛容さをバックボーンとして、心の教育やしつけ教育などに力がそそがれています。


これだけは確認しておこう


学校説明会に行ってみよう


ここを教えて!公立中高一貫校のあれこれ


知っておきたい合格ノウハウ


合格のためにおすすめしたい勉強法


じょうずな塾の活用法