ぱぱまま掲示板

子育ての悩み相談やママ必見のレシピ紹介、日々のちょっとした出来事など、小学生・中学生のお子様を持つパパ・ママが意見交換を行う場です。
みなさまからのご意見・ご感想をお待ちしております。

掲示板に行く
福田貴一先生の福が来るアドバイス Q&A 国公立・私立 中学校厳選ガイド

国立・私立 中学校厳選ガイド

跡見学園中学校
(女子校)

  • ■東京都文京区大塚1-5-9
  • ■地下鉄丸ノ内線「茗荷谷」徒歩2分、地下鉄有楽町線「護国寺」徒歩8分
  • ■女子のみ810名
  • ■03-3941-8167
  • http://jh.atomi.ac.jp/

跡見らしさとは「人間尊重主義」

 1875年の創立以来、「生徒一人ひとりの『個性を伸ばす』」ことを目標とした教育理念は、個性や自主性を尊重する跡見学園の校風となって受け継がれています。
 その伝統は、「個性尊重主義」から「人間尊重主義」へ新たな息吹を加えながら時代のさきを歩み始めています。

英語教育の重視で進学指導を強化

 跡見学園では、中高をとおした6年間一貫教育が実施されています。
 授業では、英語の授業時間が多く取られているのが特徴で、実践的な基礎力をつけながら、自分の考えを表現することを目標にしています。
 週に6時間英語の授業があり、中3からは少人数制の習熟度別授業で細やかな指導が行われています。英会話は週1回、ネイティブスピーカーと日本人教師による授業が展開されています。
 進路の選択においては、高2から進学コース別カリキュラムを取り入れ、受験体制を整えています。

本物に触れる教育

 国際人として自国のすぐれた文化を理解することを目的に、本物に触れる教育を実施しています。その一環として、世界の一流演奏家やオーケストラによるコンサート、能・狂言などの鑑賞授業が行われています。
 社会科でも、中3で実際の裁判を傍聴するほか、高3では東京弁護士会協力のもと、模擬裁判を体験します。
 さて、いまではほかの女子校にも広がっている「ごきげんよう」のあいさつ。これは、跡見学園発祥のあいさつで、学校側が強制しているものではなく、生徒の間から自然に生まれ、継承されてきたものです。
 生徒の自主性が重んじられ、それが伸びやかな校風に結びついている跡見学園です。