ぱぱまま掲示板

子育ての悩み相談やママ必見のレシピ紹介、日々のちょっとした出来事など、小学生・中学生のお子様を持つパパ・ママが意見交換を行う場です。
みなさまからのご意見・ご感想をお待ちしております。

掲示板に行く
福田貴一先生の福が来るアドバイス Q&A 国公立・私立 中学校厳選ガイド

国立・私立 中学校厳選ガイド

小野学園女子中学校
(女子校)

  • ■東京都品川区西大井1-6-13
  • ■JR線「西大井」徒歩5分、JR線ほか「大井町」徒歩10分
  • ■女子のみ79名
  • ■03-3774-1151
  • http://www.onogakuen.jp/chuko/index.html

次代を担う実力と志を持った「自立した女性」を育てる

 人はだれでも、なんらかの使命と存在意義を携えてこの世に生まれてきた奇跡の存在です。そして、科学技術の圧倒的な力と進歩によって日々変化していく世界にあって、女性がどのように生き、社会にかかわっていくのかというテーマは、人類的課題でもあります。
 こうした状況のなかにあって、小野学園女子は80年有余の「女性教育の伝統」の上に、次代を支え、切り拓いていく実力と志を持った女性を育てるための取り組みをつづけてきました。さらにここ数年は、自然と環境の調和・共生などを視野に置き、生徒たちの自主的な活動をうながしながら「理数教育」にも力をそそいでいます。

「理・数・英」を核に「できる生徒をさらに伸ばす」

 その成果はいまやゆるぎないものとして定着していますが、これにとどまることなく、自らが主体的に考え、決断し、実行する力の養成を日々の教育活動の中心に据えて挑戦しています。例えば実験や実習によって「なぜだろう」を大切にする理科教育とともに自然環境を身近な問題として考えるなかから、大井町自然再生観察園での先進的な取り組み「ホタルプロジェクト」を行っています。
 本年度からはさらに一歩進めて、中学校からコース制を採用し、Pコースでは「理科・数学・英語」を核にした学習で、国公立大、GMARCHレベル以上の私立大への進学をめざします。英語はネイティヴ教員を活用して、耳と口の徹底的な訓練を実施。1年次はネイティヴ週4回、日本人週3回です。

「わかる」が主体性を育てる

 Mコースでは、生徒の理解度を優先した授業を進めています。シラバス中心の進度重視の授業ではなく、生徒の「わかる、できる」に重点を置いた授業によって、自分の特性や適性に気づき、やがて自主的な学習へと向かう「完熟主義」学習を行っています。