ぱぱまま掲示板

子育ての悩み相談やママ必見のレシピ紹介、日々のちょっとした出来事など、小学生・中学生のお子様を持つパパ・ママが意見交換を行う場です。
みなさまからのご意見・ご感想をお待ちしております。

掲示板に行く
福田貴一先生の福が来るアドバイス Q&A 国公立・私立 中学校厳選ガイド

国立・私立 中学校厳選ガイド

桐朋中学校
(男子校)

  • ■東京都国立市中3-1-10
  • ■JR中央線「国立」、南武線「谷保」徒歩15分
  • ■男子のみ810名
  • ■042-577-2171
  • http://www.toho.ed.jp/

自主性を重んじ「本物の学び」を追求

 桐朋中学校・高等学校は、開校以来、生徒の個性を尊重し、自主性を育む教育を実践してきた学校です。自由な気風でも知られており、生徒を規制するような校則はほとんどなく、自主的な判断で行動することが重視されています。高校からは制服もありません。しかし、生徒たちは、「自由だからこそ自分で判断することの大切さを自覚する」と、自由本来のあり方を体得しています。
 進学校としても東京西部を代表する存在であり、東京大や国立大学医学部を中心に、難関大学への合格者を毎年数多く輩出しています。この合格実績を支えているのが、熱意ある教員によって行われる日々の授業です。どの教員も「本物の学び」を志向して授業にのぞみ、使用する教材やプリント類も、オリジナルのものが多く使われています。
 武蔵野の名残をとどめる雑木林のある広大な敷地も魅力です。創立75周年を記念して進めてきた校舎の建て替えも2015年(平成27年)6月に中高部分が完成。現在、「授業づくり」「心の発達と仲間づくり」「進路指導の充実」を柱とする「次の学びプロジェクト」を進めています。

充実した学校生活

 桐朋の文化として、たんに勉強ができることは、それほど評価されません。その人間でなければ有しない個性を持っているかどうかが問われるのです。そのため生徒たちは、勉強以外の活動にも熱心に取り組みます。
 行事は基本的な枠組みを毎年踏襲しながらも、実行委員を中心に、生徒主体で企画・運営がなされます。部活動も活発で、なかには全国を舞台に活躍する部もあります。
 桐朋生は、「学校は楽しい、桐朋に来てよかった」、卒業生も「桐朋での生活は充実していた」と話しています。さまざまなことに全力投球することで、満足度の高い学校生活を送ることができるのが桐朋なのです。